早気(はやけ)克服の方法

一度ハマるとなかなか抜け出すことが出来ない早気(はやけ)、ここでは私や他の人の体験談を交えながら、早気(はやけ)を克服する成功例を紹介します。

早気になる原因

的前に立つことに慣れ、的中が出始めて来た時期に、早気はやってきます。

的に中るようになると、的中を意識し始め、だんだん会が無くなりはじめます。

その後、大三で狙いを決めてしまうようになり、口割りまで降りてきたらすぐ離れてしまうようになります。

中るうちは良いですが、一度中らなくなると、中て射になり、もっと早気になっていきます。

中てることに拘りすぎると早気のどツボにはまります。

早気克服方法

早気の克服方法はいくるかあると思いますが、僕が実践したのは主に以下の3点です。

  • 的中を完全にすてる
  • 会でやるべきことをする
  • 素直になる

的中を完全にすてる

早気の原因にも書きましたが、「的中に拘る」ことが早気の原因になります。

そもそも早気の時点で、的中が安定するわけがないです。

短期的な的中を求め、その的中結果に一喜一憂したいのであれば、的中に拘ってください。決して早気は治らないでしょう。

なので、早気が完全に治るまでは的中を完全にすてましょう。

会でやるべきことをする

早気の人は、会でやるべきことをやっていないと思います。

会で重要なのは以下の3つだと考えられます。

  • 狙いを定める
    最後まで狙いに妥協せず、微調整を行なうのが会
  • 伸び合い・詰め合い
    的方向に押手をしっかり伸び、的と反対方向に勝手の肘を伸びる。めいいっぱい伸び切ったら、身体の隙間を詰める。
  • 自分自信と戦う
    狙い、伸び合い、詰め合いに問題はないか。今離して後悔しないか。自分に問いかけ戦います。

素直になる

何事でもそうですが、先輩や指導者の言うことを素直に取り入れる人は上達します。

騙されたと思って実践してみましょう。

少なくとも、あなたより多くの経験をしてきています。

彼らもきっと早気になり、克服した経験があります。

あなたが早気を克服したくてこのページに辿り着いたのなら、それは「早気経験者の意見が聞きたい」からですよね?

身近な先輩や指導者に意見を聞くのも同じはずです。

彼らの指導を素直に聞き入れることが、早気の改善に繋がります!

少しでも多くの人が早気から解放されることを祈っています。

 

詳しくは僕が実践した早気克服方法も参考にしてください。

SPONSORED LINK




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です